質問と回答

Q 日新式「生体時計」は、いわゆる「健康年齢」とどう違うのですか?

A 「健康年齢」は、健康保険組合から得られたデータに基づき、医療費から逆算して生物学的年齢を求めます。これに対して、日新式「生体時計」は、健康診断データに基づいて個人の死亡確率を算出し、その値を年齢に変換することで、生物学的年齢を算出します。さらに、遺伝子解析の結果に基づいて、その値を修正して、最終的な死亡確率と生物学的年齢を算出します。

Q 日新式「生体時計」の算出は、医療行為に当たらないのですか?

A 日新式「生体時計」は、あくまでも個人の健康状態をトータルに診断することで、その人が健康かどうかを算出するツールです。あくまでも、情報提供が目的で、医療行為には当たりません。

Q 日新式「生体時計」は、無料ですか?

A 現段階では無料ですが、より高度な診断をするために、将来的には有料化を検討します。

場合によっては、無料のモデルと優良なモデルを分ける可能性があります。

Q 日新式「生体時計」を使用した結果、損害が生じた場合はどうなるのですか?

A 上記のとおり、日新式「生体時計」は、医療行為ではなく、情報提供が目的です。したがって、日新ビジネス開発株式会社は、「生体時計」の使用に関する一切の責任を負うことはありません。

Q 日新式「生体時計」の正確性は、誰が保証してくれるのですか?

A 前の質問と重なりますが、日新式「生体時計」の正確性は、誰も担保しません。

ただし、算出に当たっては、海外の文献を参考に、研究を重ねた結果、モデルを作成しています。当社は、その正確性に関しては、自信をもっています。

Q 日新式「生体時計」の今後の展開はどうなりますか?

A 現在、生命保険会社や損害保険会社、健康保険組合等と導入に関する話し合いを重ねています。利用者が増えれば増えるほど、モデルの正確性が増すため、今後の展開にご期待ください。

 

Visits: 424